ハングリー精神養う…3軍“四国巡礼修行”計画

[ 2011年1月20日 06:00 ]

 ソフトバンクは今季から新設した3軍の選手育成を目的に四国八十八カ所の巡礼を計画していることが、明らかになった。今季は四国・九州アイランドリーグ(IL)のチームとの対戦を中心に最大90試合を行う予定だが、四国遠征の際の宿泊先として八十八カ所巡りの寺院が候補に挙がった。

 多くの寺院は「宿坊」と呼ばれる巡礼者用の宿泊施設を営んでおり、小林編成・育成部長は「今はビジネスホテルが当たり前になっている。食事面がクリアされれば巡礼のようなことをやりたい」と説明。座禅や写経、読経などの精神修行も可能で、若手のハングリー精神を高める狙いがある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年1月20日のニュース