ドラフト2位七条「できれば先発がいいけどそういう立場じゃない」

[ 2011年1月20日 06:00 ]

捕手を座らせて初のブルペン投球を行った七条

 ヤクルトのドラフト2位・七条(伯和ビクトリーズ)が埼玉県戸田市での新人合同自主トレで、ブルペンで捕手を座らせて30球。視察に訪れた荒木投手コーチから先発候補の1人に挙げられたが、七条は「できれば先発がいいけどそういう立場じゃない。自分のできることをやるだけ」と謙虚に話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年1月20日のニュース