張り切る巨人から移籍の右腕「「動けるうちは動いておきたかった」

[ 2011年1月20日 16:52 ]

合同自主トレに参加し、キャッチボールする広島・豊田。右は新人の福井

 広島の合同自主トレーニングが20日、広島県廿日市市の大野練習場で始まった。主力では選手会長の石原や永川勝、巨人から移った豊田らが参加し、約50選手がキャッチボールなど軽めのメニューに取り組んだ。

 この日は大野投手コーチが視察に訪れ、各投手の出来に目を光らせた。キャッチボールで力強い送球を見せ、仕上がりの良さをアピールした豊田は「動けるうちは動いておきたかった。キャンプではすぐにブルペンに入れるようにしたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年1月20日のニュース