和田 ハンマー投げに挑戦「これが投球にどう生かされるのか」

[ 2011年1月20日 17:59 ]

 昨季パ・リーグの最優秀選手に輝いたソフトバンクの和田毅投手が20日、鹿児島県の鹿屋体大での自主トレーニングを公開し、陸上のハンマー投げを取り入れるなど、重視する体幹強化に励んだ。

 今季のテーマに「力強いボールを投げる」ことを掲げる。この日はボールは使わず、体の軸を意識したメニューに取り組んだ。「体幹がしっかりすれば筋肉のつき方が違う。余計な力も入らなくなる」と目的を話した。体重は昨年の77キロからほぼ理想の81キロにアップ。「これが投球にどう生かされるのか楽しみ。低めに球威のあるボールを投げたい」と手応えを得ているようだ。

 昨季は17勝8敗と活躍した。「負け数を減らせば20(勝)に近づくと思うし、防御率は2点台以下にしたい」と意欲的だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年1月20日のニュース