イチロー同僚の“問題児”女性恐喝で逮捕

[ 2011年1月20日 06:00 ]

 マリナーズのミルトン・ブラッドリー外野手(32)が18日(日本時間19日)、ロサンゼルス市内で女性への恐喝容疑で逮捕された。事件の詳細は判明していないが、同日午後に保釈金5万ドル(約410万円)を払って釈放された。

 ブラッドリーはこれまでも数々の差別発言や首脳陣批判などを繰り返し、問題児として知られている。09年9月には当時所属したカブスで「チームの雰囲気が暗いから世界一になれない」と発言して謹慎処分を受けた。マ軍のズレンシックGMは「深刻な状況だ。詳細は現在調査中」とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年1月20日のニュース