輝き再び!今岡 走者一掃3点二塁打

[ 2008年9月26日 06:00 ]

<神・横>4回、今岡は左中間に走者一掃の二塁打

 【阪神5-3横浜】帰ってきた。阪神の今岡が、かつて全身にまとっていた輝きを取り戻そうとしている。4回に2点を先制し、なおも2死満塁。打球は鋭く左中間を切り裂き、走者一掃の3点二塁打となった。鮮やかすぎる集中打。その快打で一挙5点奪取のビッグイニングを締めくくった。

 「みんなでつないで、つないで…。その勢いで打たせてもらった。ドンドンこういう形でいきたい」。2死一、三塁で安藤が先制打。さらに赤星、平野が中前打で続けば、自分が打たないわけにはいかなかった。チームの得点はその4回の1イニングだけ。岡田監督は「4回で試合が終わっとる。野球は9回まであるんやから」と苦言を呈したが、それだけに今岡の復活は何より心強い。
 「でもきょうは僕はオマケ。(通算100セーブの)球児の記録に花を添えられて良かった」。謙虚にそう言って、今岡はお立ち台を降りた。残り10試合、そのバットがV奪回の行方を左右する。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年9月26日のニュース