イチロー“張本氏越え”あと7、残り3試合

[ 2008年9月26日 11:42 ]

エンゼルス戦の1回、左前打を放つマリナーズのイチロー

 米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手は25日、シアトルでのエンゼルス戦に「1番・指名打者」で出場、5打数2安打で今季209安打、日米通算3079安打とし、張本勲氏が持つ通算安打3085安打の日本記録越えまで、あと「7」と迫った。残り試合は3試合。

 内容は左前打、三振、左飛、三塁内野安打、左飛で打率は3割1分1厘。
 城島健司捕手は「7番・捕手」で出場し、4打数無安打に終わった、内容は中飛、三振、一飛、中飛で打率は2割2分3厘。
 マリナーズは4―6で敗れ、今季101敗目を喫した。

 ▼イチローの話(張本氏の記録更新に、残り3試合で7安打)きのう遠のいたが、きょうでぎりぎりつないだ感じ。難しいことには変わりないが、終わってはいない。きょうゼロならば、ほぼ終わりだった。

 ▼城島の話(9回、プッツがゲレロに2ランを喫し)かなり難しい球だった。詰まっていましたが…。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年9月26日のニュース