巨人 6度目の挑戦!野手入れ替え

[ 2008年5月28日 16:52 ]

 今季6度目の勝率5割に挑戦する巨人は28日、交流戦首位の楽天との対戦を前に、古城茂幸内野手、岩舘学内野手、松本哲也外野手を1軍に昇格させた。右足首痛で27日に登録を抹消された亀井義行外野手、小坂誠内野手、小田嶋正邦内野手との入れ替えだが、古城は27日のイースタン楽天戦で3打数2安打1打点をマーク。松本、岩舘は同じ試合で1、2番を務めた。

 松本は07年に専修大から育成枠で入団の選手。俊足がセールスポイントの選手で今季はファームで5盗塁を決め、昨年の4盗塁を上回る快走をみせている。戦線離脱した亀井の代役を果たせるか。松本にとってもチャンスである。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年5月28日のニュース