大ブレーキ…栗原「何もないです」

[ 2008年5月28日 22:18 ]

 【広島3―5西武】好調をキープしていた広島の栗原が一転、この夜は大ブレーキだった。

 同点の3回2死満塁で二ゴロに倒れると、1点を追う5回1死満塁、2点を追う9回1死満塁ではいずれも最悪の投ゴロ併殺打。甘い球を見逃したり、ファウルでとらえ切れなかったり…。早々と追い込まれ、打たされるという悪循環だった。
 普段は気さくな主砲も、さすがに試合後は険しい表情。責任を背負い込むように「きょうは何もないですよ」と、言葉少なに帰りのバスに乗り込んだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年5月28日のニュース