“おかわり”に一発出れば9戦全勝

[ 2008年5月28日 22:32 ]

 【西武5―3広島】「おかわり君」を打ち取るのに、両翼が90メートルではいかにも狭すぎた。

 1点リードの6回2死二、三塁。西武・中村の打球は高々と夜空に舞い上がると、広島ファンがあれ、あれと見上げている間に悠然と左翼フェンスを越えた。10試合ぶりの一発に「しんに当たれば入ると思った。狭くてありがとう。最近打てていなかったので良かった」。22本を放った2005年以来の2けた到達となる10号3ランで、流れを力強く手繰り寄せた。
 中村に本塁打の出た試合は、9戦全勝というおまけつき。「それは知っていました。気分いいです」と笑う。5月にしてチーム5人目の2けた本塁打到達。3連敗はまた免れた。こんな選手が6番にいるのが、今の西武打線なのだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年5月28日のニュース