内川 7年ぶり“地元凱旋”に気合十分

[ 2008年5月28日 06:00 ]

 大分出身の横浜・内川が地元での爆発を誓った。大分工3年夏の県予選決勝で敗れて以来7年ぶりの“地元凱旋”に「久しぶりに帰るので頑張っている姿を見てもらいたい。自分が打ってチームが勝てれば最高」と気合十分。26日、オリックス戦(横浜)の猛打賞で打率4割の大台に再び乗せるなど好調を維持しているだけに、大矢監督も「今チームで一番(状態が)いいんじゃないかな。内川がチャンスを広げて村田が還すという形ができている」と期待を寄せていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年5月28日のニュース