内村航平「本当に引退するのかなっていう感じ」 NHK「ニュースウオッチ9」に生出演

[ 2022年1月14日 21:32 ]

内村航平
Photo By スポニチ

 体操男子の個人総合で12年ロンドン、16年リオデジャネイロと五輪連覇するなど、キングとして君臨した内村航平(33=ジョイカル)が14日放送のNHK「ニュースウオッチ9」(後9・00)に生出演し、改めて引退への思いを語った。

 この日、都内で引退会見を行った内村。番組に生出演し「実際は実感がない。3月に自身のイベントをやるので、そこまでは体を維持していくので、本当に引退するのかなっていう感じですね」と改めて自身の心境を語った。

 3月12日に東京体育館で引退演技会となる「KOHEI UCHIMURA THE FINAL」で6種目の演技に向けて「引けない。やるからにはちゃんとやりたい。休んでいられない」と練習のペースを落とさず仕上げるとした。

 「東京オリンピックが終わって、そこから約2カ月半後に北九州で世界選手権があって、そこに向かう道のりの中、これはちょっとしんどすぎるなと。今まで出来ていた世界一の練習というのが難しくなった。やるからにはオリンピックを目指してやりたい。そうなると3年やらないといけない。2カ月半の間でも無理なのに3年になると無理だなと感じて。試合も終わりましたし、一番いいタイミングかなと思って決断した」と引退の経緯を語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2022年1月14日のニュース