×

正代「受け気味」で防戦一方に 序盤で2敗目に「この調子ではモチベーション的にもきつい」

[ 2022年1月14日 05:30 ]

大相撲初場所5日目 ( 2022年1月13日    両国国技館 )

<大相撲初場所5日目>押し出しで玉鷲(左)に破れた正代(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 正代は玉鷲に押し出され2敗目を喫した。立ち合いで踏み込めず相手に低く攻められると防戦一方。「受け気味だった。手を伸ばさせてしまったのは良くなかった」と分析した。

 前日は相手の勇み足で勝利を拾い、このまま乗っていきそうな雰囲気だったが、序盤で2敗。「内容的にも良くない。押し込まれているし圧力を伝え切れていない。この調子ではモチベーション的にもきつい」と苦しい胸の内を明かした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月14日のニュース