×

元白鵬・間垣親方「チャックが…」ズボンのファスナー閉め忘れる悩み告白 井筒親方と爆笑トークショー

[ 2022年1月14日 05:30 ]

両国国技館内の相撲博物館で開催された「引退力士トークイベント」にのぞむ元横綱・白鵬の間垣親方(左)と井筒親方(元豊ノ島)
Photo By 代表撮影

 昨年秋場所限りで引退した元横綱・白鵬の間垣親方が13日、国技館内の相撲博物館で「トークショー」を行った。司会進行役を務めた井筒親方(元関脇・豊ノ島)と息の合った掛け合いで終始笑いに包まれる中、入門時の思い出や印象に残った一番などユーモアを交えて振り返った。現在は新米親方として日々勉強中で「だいぶスーツには慣れてきたが、20年間着物だったので(ズボンなど)チャックが…」とズボンのファスナーを時折閉め忘れる悩みを告白。井筒親方から「それ、あるあるですね。若手の親方でよく開いている人がいる」と突っ込まれる場面もあった。

 新弟子時代に相撲教習所のノートに描いた「未来の横綱白鵬」の絵も展示されており「貴重なものなので、ぜひ見てほしい」とアピール。初場所の土俵に話題が移ると「昨日(4日目の)宇良の相撲良かったね」と振り返る一方で「照ノ富士が連勝を続けると、これもまた盛り上がってくる。ぜひとも続けてほしい」と後輩横綱にもエールを送っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月14日のニュース