×

玉鷲 幕内1100回出場の節目飾った 「自分の相撲を取れた」大関・正代を撃破

[ 2022年1月14日 05:30 ]

大相撲初場所5日目 ( 2022年1月13日    両国国技館 )

<初場所5日目>正代(右)を攻める玉鷲(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 玉鷲が正代を押し出し、幕内1100回出場の節目を大関戦勝利で飾った。立ち合いで踏み込んだものの、もろ差しを許した。「いつものこと。やばいけど突き放せて自分の相撲を取れた」。冷静に突きを繰り出して圧倒した。

 正代戦の勝利は19年秋場所以来2年4カ月ぶり。04年初場所初土俵から一度も休場がない鉄人は「出場回数とか特にこだわらず、自分の押し相撲を取るだけ」。自然体が元気の秘訣(ひけつ)かもしれない。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月14日のニュース