×

内村航平 3月12日に引退演技会「全身痛い体にムチ打って6種目」 オールラウンダーの誇り見せる

[ 2022年1月14日 10:10 ]

<体操・内村航平引退会見>フォトセッションで報道陣に向かって手を振る内村(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 体操男子の個人総合で12年ロンドン、16年リオデジャネイロと五輪連覇するなど、キングとして君臨した内村航平(33=ジョイカル)が14日、都内で引退会見を行った。

 会見では、3月12日に東京体育館で引退演技会となる「KOHEI UCHIMURA THE FINAL」を行うことが発表された。「最後、全身痛い体にムチ打って6種目やろうかなと思っています」と言い、「ほかの選手も呼びたいなと思っている」と構想を明かした。「僕の演技としては最後になりますけど、人生を考えるとそこがスタートでもある。次につながるような舞台にしたいと思っています」と述べた。

 「自分の最後をしっかり見て頂いて最後にしようかなと思っています。最後に6種目やって、東京五輪の代表になるより苦しいことをやらなきゃいけないと憂鬱になってますけど、そこまでしっかりやりたいと思います」と苦笑しながらも、最後の舞台に向けて調整していくことを明かした。

 「もともとは2年前の3月に自分の名前の試合をやろうとしてコロナでできなくなった。それをまたやりたいと思ってたんですけど、そんな中で僕も現役最後になるので。試合としては難しいと判断したので、今まで体操選手が引退する選手で引退試合する人はいなかったので、そういうのを自分が作ってやるという。これから引退していく選手のスタンダードというか目標にしていってほしいし。体操頑張っていれば、こういうこともできるんだよということをみんなにも伝えたかった。僕自身はオールラウンダーというのでやってきたので、最後の最後で6種目やりたいというのがあったので、そうしたいと思った」。

 「体操は6種目やってこそだと思うし、後輩たちにも受け継いでいってほしいし、心底好きだからっていうのもあるし。最後鉄棒だけ終わるっていうのも自分が自分じゃないようなところもあるし…」と率直な思いを口にした。

 内村は20年3月の自身の冠大会「KOHEI UCHIMURA CUP」を高崎アリーナで開催する予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中止を余儀なくされている。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月14日のニュース