×

御嶽海5連勝「自分の相撲を取るだけ」 悲願の大関獲りへ上々の序盤5日間

[ 2022年1月14日 05:30 ]

大相撲初場所5日目 ( 2022年1月13日    両国国技館 )

霧馬山(右)を押し出しで破る御嶽海(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 関脇・御嶽海が過去3勝4敗と合口の良くなかった霧馬山を寄せ付けず、5連勝とした。立ち合い、相手がもろ手突きできたが動じない。足の構えは崩れず、いなしから向き直って押し出した。

 「何がきてもいいように、自分の相撲を取るだけ。ここから気持ちを上げてとっていく」。目標は先場所の11勝に続く2桁勝利。悲願の大関獲りへ、上々の序盤5日間だ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月14日のニュース