松山英樹 首位で前半をターン ZOZOチャンピオンシップ第2日

[ 2021年10月22日 12:00 ]

男子ゴルフ ZOZOチャンピオンシップ第2日 ( 2021年10月22日    千葉県・アコーディア習志野CC )

<ZOZOチャンピオンシップ 第2日>10番、ティーショットを打つ松山 (撮影・西川 祐介)
Photo By スポニチ

 2位で出た松山英樹(29=LEXUS)は10番からスタートし、13番パー3で第1打をピン右1・5~2メートルにつけバーディーを奪った。首位で出た岩田寛が出だしの1番でボギーを叩き、この時点で単独トップに立った。

 17番でピン手前から約10メートルのパットを3パットしてボギーを叩くも、続く18番パー5で2オンに成功。約10メートルのイーグルトライを70~8センチまで寄せてバーディーを決め、前半の9ホールを通算7アンダーの単独首位で折り返した。

 岩田は前半で2つスコアを落とし松山を2打差で追っている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月22日のニュース