30歳バースデーの庭井祐輔がスクラム充実宣言 重量級の豪州FWに「強い相手だけど勝ちたい」

[ 2021年10月22日 13:16 ]

<ラグビー日本代表前日練習>ストレッチする庭井(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 23日に大分市の昭和電工ドーム大分でオーストラリア代表と対戦するラグビー日本代表が22日、会場で練習をし、控えでメンバー入りしたフッカー庭井祐輔(横浜、旧キヤノン)がオンライン会見をした。この日が30歳の誕生日。年齢を重ねて、18年11月のイングランド戦以来、3年ぶりの代表戦に臨むことについて「ちょっとの緊張と、楽しみという気持ちでいっぱい」と胸を躍らせた。

 スクラムの手応えを強調し、「これまでの合宿に比べて最初から高いレベルで組めている。やろうとしていることが最初からできていた。スクラムは充実している。そこを試合で出したい」と抱負。オーストラリア代表のFWは、110キャップのプロップ、ジェームス・スリッパーら、重量級揃い。庭井は、先発するプロップ具智元と映像を見て組み方のクセを研究しているそうで、「今、部屋が具と一緒で映像もめちゃくちゃ見ている。強い相手だけど、勝ちたいですね」と静かに闘志を燃やした。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月22日のニュース