×

パラ陸上・やり投げ 白砂匠庸、初の夢舞台でエンジョイスロー「とにかく楽しんで」

[ 2021年8月30日 21:53 ]

東京パラリンピック第7日 陸上 ( 2021年8月30日    東京・国立競技場 )

男子やり投げ(上肢障害F46)で6位だった白砂匠庸
Photo By 共同

 男子やり投げ上肢障がいF46決勝が行われ、白砂匠庸(25=しらまさ・たくや、あいおいニッセイ同和損保)は58メートル35の6位だった。

 初の夢舞台で勢い良く助走し、大きく腕を振った。「とにかく楽しんでこの舞台に臨んだ」。自己ベストには2メートル28届かなかったが、4投目からは試技前に手拍子で気持ちを高めるなど、思いを乗せて投じた。

 上位3人が64メートル以上という記録に世界の壁の高さも実感。今後に向けては「自分は、まだまだ粗削りなので修正していきたい」とレベルアップを誓った。

 また、山崎晃裕(25=順大職)は57メートル69で7位。「結果は真摯(しんし)に受け止めて、前に進んでいきたい」と語った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月30日のニュース