×

パラトライアスロン・谷に聞く 最下位も「これまでの歩みは100点。本番はちょっと減点(笑い)」

[ 2021年8月30日 05:30 ]

東京パラリンピック第6日・トライアスロン女子 ( 2021年8月29日    お台場海浜公園 )

スイムに挑む谷(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 女子の運動機能障がいPTS5で日本選手団旗手を務めた谷真海(39=サントリー)は、1時間22分23秒で10位だった。13年のIOC総会のプレゼンテーションで大会招致に貢献した東京パラリンピックの“顔”。陸上走り幅跳びから転向しトライアスロンでは初出場となる4度目の大舞台で、起伏に富んだ長い旅のゴールに笑顔でたどり着いた。

 【谷に聞く】

 ――レースを振り返って。
 「いつもスイムは良い位置で上がっていてバイクも踏ん張れたんですけど、その反動がランに来てしまった」

 ――障がいが一つ下のカテゴリーと競った。
 「凄い理不尽さは感じましたし、本来こんなこと(クラス統合)が起こってはいけないという気持ち。不利な条件の中でもチャレンジできたことが、トライアスロン界では大きな一歩だったんじゃないかと思う」

 ――「スポーツの力」を見せられたか?
 「感じ取るのは皆さんで、こちらから押しつけるものではないけど、少しでも一歩前に進もう、夢にチャレンジしようと思ってもらえると良いです」

 ――「限界への挑戦」というテーマで臨んだ。
 「100点満点とは言えないけど、これまでの歩みは100点、本番はちょっと減点(笑い)これが競技ですし、これが難しさ」

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月30日のニュース