×

松山 26位後退、ショットもパットも不調 自身に怒り「残念な一日だった」

[ 2021年8月30日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー プレーオフ第2戦BMW選手権第3日 ( 2021年8月28日    メリーランド州 ケイブズバレーGC=7542ヤード、パー72 )

26位に後退した松山(AP)
Photo By AP

 第2ラウンドの残りを消化した後、第3ラウンドが行われ、15位から出た松山英樹(29=LEXUS)は3バーディー、3ボギーの72と伸ばせず通算8アンダーで26位に後退した。

 パー5の2番でバーディーを奪ったが、その後はなかなかチャンスをつくれない。グリーンを外した8番で後退。11番から2連続バーディーで巻き返したが「思ったよりも風が強かった」という13番でボギー。15番もグリーンを捉えられず貯金を吐き出した。

 「何も良くなかった。ショットはちょっとした違和感を引きずり、良いパットもなかなかできず、残念な一日だった」と自らへの怒りをにじませた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月30日のニュース