師匠・高砂親方は3カ月減俸

[ 2021年6月11日 22:31 ]

高砂親方
Photo By スポニチ

 朝乃山の現師匠となる高砂親方は3カ月20%の報酬減額処分を受けた。協会を通じて「大関という重責を担う立場でありながら自覚のない軽率な行動をさせてしまったことは、師匠として私の不徳の致すところでございます」などとコメントした。

 昨年12月に「高砂」を継承したが、先代(錦島親方)の所有地である部屋には自宅から通う生活を続け、コンプライアンス委からも問題視されていた。今後は現在の部屋に自身が転居するか部屋を新たな場所に移すか、先代と話し合いを行うという。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月11日のニュース