本紙元記者を諭旨解雇に 朝乃山関との深夜会食で

[ 2021年6月11日 19:32 ]

スポーツニッポン新聞社
Photo By スポニチ

 スポーツニッポン新聞社は10日、緊急事態宣言下において大相撲の大関・朝乃山関と深夜に会食していた件で東京本社編集局元記者(44)=同日付で東京本社付=を諭旨解雇処分とした。併せて、元記者の監督責任を問い、直接の上司である元記者の所属部長を減給の処分とした。さらに監督責任を負う河野俊史代表取締役社長と石井真人常務取締役編集担当が役員報酬20%(1カ月)を、上司である田村智雄執行役員東京本社編集局長が同30%(同)を、それぞれ返上することとした。

 スポーツニッポン新聞社では外部の弁護士に事実関係の調査を依頼。元記者の不適切な行動が明らかになった。詳しい調査報告はスポーツニッポン新聞社のコーポレートサイト(https://sponichi.jp/)に掲載している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月11日のニュース