五輪争い“3番手”古江、首位と7差 ホームで痛い出遅れも「攻めるプレー続けて」巻き返す

[ 2021年6月11日 05:30 ]

女子ゴルフツアー 宮里藍サントリー・レディース第1日  ( 2021年6月10日    兵庫・六甲国際GC=6517ヤード、パー72 )

5番、ティーショットを放つ古江(撮影・井垣 忠夫) 
Photo By スポニチ

 今年トップ3入り3度の古江はそろそろ優勝がほしいところだが、最終9番で第2打をグリーン手前のバンカーに打ち込んでボギーを叩くなど、思うようにスコアを伸ばせず、首位とは7打差。東京五輪代表を争う稲見とも5打差と出遅れた。

 「自分のプレーを信じながら攻めるプレーを続けていけたら」。六甲国際は兵庫・滝川二高卒業後、プロ転向まで籍を置いた自宅通勤のホームコース。地の利を生かして逆転を狙う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月11日のニュース