先代師匠もガイドライン違反 元朝潮・錦島親方が退職

[ 2021年6月11日 22:31 ]

錦島親方
Photo By スポニチ

 朝乃山入門時の師匠である錦島親方も、協会のガイドライン違反を犯していたことが判明した。相撲協会によると、少なくとも昨年7月以降の外出規制期間中、本場所観戦に来た友人らと飲酒を伴う会食などを繰り返したという。同親方は昨年12月の外出規制期間中の会食には朝乃山を同席させたほか、週に2~3度は付け人を同席させ、部屋近隣の飲食店での飲食を繰り返していた事実が判明した。

 一連の違反行為発覚後に相撲協会に退職願を提出し、10日に受理された。尾車コンプライアンス部長は「私は同じ世代で、一緒に親方にもなって、やってきたので非常に残念です。理事長も一門の仲間だったので残念がっていた」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月11日のニュース