豊山 デビュー同期のライバル朝乃山に快勝「気持ち良かった」

[ 2020年3月16日 05:30 ]

大相撲春場所8日目 ( 2020年3月15日    エディオンアリーナ大阪 )

会心の相撲で朝乃山(右)を破った豊山(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 豊山が会心の相撲で朝乃山を破った。右差しを許さず、左はずで起こしてすくい投げ。「右を使わせないようにというのが頭にあった。ずっと練っていた」。

 16年春場所に同じ三段目100枚目格付け出しでデビューしたライバルには新十両、新入幕で先んじたが、昨年夏場所で朝乃山が優勝したことで大きく水をあけられた。「去年の5月(夏場所)から今日相撲を取ることだけを考えてやってきた」。ちょうど2年ぶりの対戦で結果を出し「気持ち良かった」と笑みが広がった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月16日のニュース