競歩男子20キロ初V・池田向希 五輪切符に父も歓喜「最高のレース」

[ 2020年3月16日 05:30 ]

東京五輪代表選考会兼全日本競歩能美大会 ( 2020年3月15日    石川県能美市・日本陸連公認コース )

試合後に喜びを分かち合った父・茂さん(右)と池田                               
Photo By スポニチ

 20キロの男子は池田向希(21=東洋大)が1時間18分22秒で初優勝を飾り、2人目の五輪代表に決まった。マネジャー兼任で入部してから約3年。“みちょぱ”ことモデルの池田美優(21)の「はとこ」でもある“シンデレラボーイ”が、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で揺れる東京五輪で表彰台を狙うと誓った。

 池田の家族も沿道から声援を送った。レース後、父親の茂さん(50)は「最高のレースができた。最高にうれしい」と喜びを分かち合った。試合前に言葉を交わし、「頑張るよ」と言った息子を「凄くリラックスしていた」と茂さん。2月の日本選手権では焦りから動きが硬かったが、その一言で勝利を予感した。

 高校から転向し、五輪出場まで成長した要因を「素直で優しい。コツコツやること」と語る。高校3年生のインターハイ5000メートル予選で足のまめがつぶれシューズが血まみれになったが、ひた隠しにし、決勝に出場。真面目な性格を物語る“血染めのシューズ”は浜松の実家にあるといい、茂さんは「今回の靴も記念にもらおうかな」と笑った。

 札幌行きのチケットと宿は手配済み。茂さんは「失うものは何もない。一番光ったメダルを獲ってほしい」と心を躍らせていた。 

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月16日のニュース