白鵬 49回目のストレート給金 単独トップ守る「残り1週間も一番一番」

[ 2020年3月16日 05:30 ]

大相撲春場所8日目 ( 2020年3月15日    エディオンアリーナ大阪 )

給金を直した白鵬は懸賞を手に土俵を降りる (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 横綱・白鵬は49回目のストレート給金で単独トップを守り「50回目を目指します」と満面の笑み。阿炎の右喉輪にのけぞるも、その手をたぐると相手が膝から崩れた。「阿炎関は立ち合いが速かったし、手の伸びも良かった。そこで足腰が崩れず対応できた。体は動いている」。

 休場明けだが、日を追うごとに手応えは増すようだ。「今場所は一番一番(に集中する)と心掛けている。それが1週間できた。残り1週間も一番一番」。異例の場所でも冷静に土俵を務めている。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月16日のニュース