炎鵬“舞の海流”八艘跳び「朝から決めてました」

[ 2020年3月16日 05:30 ]

大相撲春場所8日目 ( 2020年3月15日    エディオンアリーナ大阪 )

立ち合いで八艘跳びする炎鵬(左)
Photo By 共同

 炎鵬が八艘(はっそう)跳びでお茶の間をどよめかせた!?

 立ち合いで左へ大きくジャンプし、阿武咲の首付近へ手を伸ばした。ここで勝負はつかず攻め込まれる場面もあったが、最後は肩透かしで転がした。「あの立ち合いは朝から決めていました。(参考は)舞の海さんです」と話し、“技のデパート”の異名で人気者だった元小結の名を挙げた。「毎日、その日の一番に全てを懸けています」。

 無観客開催のため初日は「アドレナリンが出なかった」と戸惑った。今は静かな会場に慣れ、本領発揮している。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月16日のニュース