NFLで大珍事! 史上初めて同一週に同一姓のQBが3勝 3人の「アレン」が活躍

[ 2019年11月4日 13:02 ]

初先発で初勝利を挙げたブロンコスのQBブランドン・アレン(AP)
Photo By AP

 NFLは3日に各地で第9週の12試合を行い、「アレン」という姓を持つ3人の先発QBがいずれもチームを勝利に導いた。

 2季目を迎えたビルズのジョシュ・アレン(23)はレッドスキンズ戦で160ヤード、1TDをマークして24―9(前半17―6)での勝利に貢献。4季目で初先発を果たしたブロンコスのブランドン・アレン(27)はブラウンズ戦で193ヤード、2TDを稼ぎ、ブロンコスは24―19(前半17―12)で3試合ぶりに白星をものにした。

 さらにドラフト外でパンサーズに入団して2季目のカイル・アレン(23)はタイタンズ戦で232ヤードと2TDをパスで獲得。パンサーズは30―20(前半17―0)で勝って今季成績を5勝3敗とした。パンサーズは大黒柱のQBキャム・ニュートン(30)が第2週のバッカニアーズ戦で脚を負傷して戦列を離脱。しかしカイル・アレンが先発で起用された第3週からの6試合を5勝1敗で乗り切っている。

 NFLで姓が同じQB3人が同じ週の試合で先発したケースは1967年にスーパーボウルが始まって以降、過去2回。1984年にはデーブ・ウィルソン(セインツ)、マーク・ウィルソン(レイダース)、ウェイド・ウィルソン(バイキングス)が第16週に先発したが勝ったのはセインツだけだった。2000年にはブラッド・ジョンソン(レッドスキンズ)、ダグ・ジョンソン(ファルコンズ)、ロブ・ジョンソン(ビルズ)が第14週で先発したが3チームとも黒星。3人とも勝ってしまった「アレン」は歴史を書き換える?名前となった。

 ドルフィンズは地元マイアミガーデンズでジェッツを26―18(前半21―12)で退けて今季8戦目で初白星。QBライアン・フィッツパトリック(36)がパスで3つのTDを記録してチームを勝利に導いた。この結果、今季まだ勝ち星がないのはベンガルズ(8敗)だけになった。

 王者ペイトリオッツは敵地ボルティモアでレイブンズと対戦。前週までの平均失点は7・6だったが、この日は試合開始から連続17失点を喫し、20―37(前半13―17)で敗れて今季9戦目で黒星を喫した。QBトム・ブレイディー(42)はパスで1TDを挙げたものの、プレーオフを含めた昨季終盤からの連勝は13でストップ。レイブンズは2季目のQBラマー・ジャクソン(22)がパスで163ヤード(23回中17回成功=1TD)、得意のランで63ヤード(キャリー14回=2TD)を稼いでチームを引っ張った。

 <第9週ダイジェスト>

 ◆TD量産 シーホークスのQBラッセル・ウィルソン(30)はバッカニアーズ戦で自己最多に並ぶ5TDパスを記録。延長最初のドライブではTEジェイコブ・ホリスター(25)をターゲットに10ヤードの決勝TD。

 ◆史上5人目 コルツのQBブライアン・ホイヤー(34)がスティーラーズ戦でパスで3TDを記録。ホイヤーは11季目でコルツが7チーム目。7チーム以上でTDパスをマークしたのは史上5人目となった。

 ◆最年少記録 スティーラーズのWRジュジュ・スミスシュスター(22)がコルツ戦で3つのレシーブを記録して通算成功数は202。22歳346日での200回到達は、ブランディン・クックス(セインツ=現ラムズ)の23歳と77日を更新するNFL最年少記録。

 <第9週の結果>

 ▼31日

49ers(8勝)28―25*カージナルス(3勝1分け5敗)

 ▼3日

テキサンズ(6勝3敗)26―3*ジャガーズ(4勝5敗)
*ビルズ(6勝2敗)24―9レッドスキンズ(1勝8敗)
*イーグルス(5勝4敗)22―14ベアーズ(3勝5敗)
*スティーラーズ(4勝4敗)26―24コルツ(5勝3敗)
*チーフス(6勝3敗)26―23バイキングス(6勝3敗)
*パンサーズ(5勝3敗)30―20タイタンズ(4勝5敗)
*ドルフィンズ(1勝7敗)26―18ジェッツ(1勝7敗)
*レイダース(4勝4敗)31―24ライオンズ(3勝1分け4敗)
*チャージャーズ(4勝5敗)26―11パッカーズ(7勝2敗)
*ブロンコス(3勝6敗)24―19ブラウンズ(2勝6敗)
*シーホークス(7勝2敗)40―34(延長)バッカニアーズ(2勝6敗)
*レイブンズ(6勝2敗)37―20ペイトリオッツ(8勝1敗)

 *はホームチーム

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月4日のニュース