青学大「大作戦」失敗で2位惜敗 原監督「最後は力の差」

[ 2019年11月4日 05:30 ]

全日本大学駅伝 ( 2019年11月3日    愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮の8区間106・8キロ )

7区で東海大・松尾(左)と競り合う青学大・吉田
Photo By 共同

 青学大はあと一歩のところで2連覇を逃した。原監督は「最後は力の差ですね」と力なく語った。大会前に宣言した「私(青学大)失敗しないんで大作戦」は7区吉田圭太(3年)がトップに立って成功かと思いきや、ライバル東海大の反撃に沈んだ。

 出雲、全日本を落として、今季はここまで無冠。箱根に向け、指揮官は「粛々とやるだけ。4年生が、力を出してくれますよ」と前を向いた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月4日のニュース