アイルランド NZ攻撃力警戒 セットプレー対策の必要性も

[ 2019年10月16日 05:30 ]

ラグビーW杯2019

準々決勝のニュージーランド戦に向け、記者会見するアイルランド代表のイースタービー・コーチ
Photo By 共同

 アイルランドは19日の準々決勝ニュージーランド戦に向け、千葉県浦安市内で会見し、イースタービー・コーチは「特に防御において、大きな挑戦になる」と王者の攻撃力を警戒した。

 1次リーグA組で日本に敗れて2位。16年に初めてニュージーランドを破り、昨年11月にも16―9で勝っている。ただ、プロップのヒーリーは、過去の対戦は関係ないという姿勢を示し「彼らのラインアウトは危険だ。スクラムも賢く、戦術的に組んでくる」とセットプレー対策の必要性を語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月16日のニュース