山中と布巻 スコットランド撃破の裏にワセダの結束

[ 2019年10月16日 21:34 ]

ラグビーW杯2019準々決勝   日本―南アフリカ ( 2019年10月20日    味スタ )

<日本代表・会見>平尾誠二さんとの思い出を語る山中(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 日本代表のFB山中亮平(31=神戸製鋼)が16日、都内での練習後に会見を行った。スコットランド撃破で8強進出を決めた際、山中はグラウンド上でW杯メンバーから落選したフランカーの布巻峻介(27=パナソニック)と記念撮影。涙を流す後輩と撮ったその写真をSNS上でアップすると、大きな話題となった。

 山中は振り返る。「布巻とは6月の宮崎合宿から同じ部屋。ルーミーだった。つらい時は、お互い励まし合った。ワセダの後輩でもありますし。W杯メンバー外れた時は悲しかった」。試合前には、布巻が必ずLINE(ライン)で「頑張って」と激励した。だが、スコットランド戦の前夜だけは連絡がなかったという。

 山中がボールを蹴り出して終止符を打ったスコットランド戦後、テレビ解説を務めていた布巻がグラウンドに現れた。「ごめん、ごめん。連絡できなかったから不安だった」と布巻は謝った。涙を流す後輩を見て、山中は「僕は気にしていないんですけど、あいつ自身は不安だったみたいです」と笑った。

 布巻だけではない。W杯に落選し、夢破れた選手たちが「グループLINE(ライン)で応援メッセージ送ってくれる」と山中。限られた選手だけが袖を通す桜のジャージーには、多くの選手の思いが乗っている。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月16日のニュース