山中 恩人・平尾さんに誓う全力プレー「思い切ってぶつかる」

[ 2019年10月16日 18:55 ]

ラグビーW杯2019準々決勝   日本―南アフリカ ( 2019年10月20日    味スタ )

<日本代表・会見>平尾誠二さんとの思い出を語る山中(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 日本代表のFB山中亮平(31=神戸製鋼)が16日、都内での練習後に会見を行った。南アフリカ戦の行われる20日は、くしくも元日本代表監督の平尾誠二さん(享年53)の3度目の命日でもある。所属の神戸製鋼で目をかけられてきた山中は「僕にとっても凄い日に試合がある」と語った。

 山中には変化球の質問も飛んだ。「もし平尾さんが声を掛けるとしたら?」。その問いには「ここまで来ているのは“よく頑張った”と言ってくれると思いますけど。“もう思い切って楽しんでやるだけだ”ってたぶん言ってくれると思う。メンバーに入れれば、思い切りぶつかって、全力で楽しんでプレーしたい」と語った。

 長谷川愼スクラムコーチは、平尾さんが率いた日本代表として99年W杯に出場。同コーチは「私を日本代表に選んでくれたのは平尾さん。試合に出してくれたのも平尾さん。平尾さんと土田さんの関係を見て、僕もW杯のコーチになりたいと思いました。特別な人の命日に特別な試合がある。しっかり恩返しできるように。そのことだけ考えて、ラグビーをやりたい」と力を込めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月16日のニュース