日本男子バレー 格上カナダ撃破で8勝 有終の美飾る

[ 2019年10月16日 05:30 ]

バレーボール男子W杯 最終日   広島県立総合体育館 ( 2019年10月15日    日本3-2カナダ )

カナダに勝利し喜ぶ男子バレー日本代表のメンバー
Photo By 共同

 世界ランキング11位の日本は世界6位のカナダに3―2で競り勝ち、大会史上初めて8勝(3敗)を挙げ、4位で終えた。フルセットの激闘となったが、最終セットは西田(ジェイテクト)のサーブ得点などで15―9と奪った。

 ブラジルが3―0でイタリアを退け、3度目の優勝を11戦全勝で飾った。ポーランドもイランをストレートで下し、9勝2敗の勝ち点28で2位。米国は3―1でエジプトに勝ち、9勝2敗の勝ち点27で3位となった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月16日のニュース