オーストラリア 白血病克服したリアリーファノ、スタメンに意欲

[ 2019年10月16日 05:30 ]

ラグビーW杯2019

記者会見するオーストラリア代表のリアリーファノ
Photo By 共同

 オーストラリアはイングランドとの準々決勝(19日、昭和電工ドーム大分)に向けて神奈川県小田原市内で調整し、SOリアリーファノは記者会見で「メンバー入りすれば、やれる自信はある」と先発に意欲を燃やした。白血病を克服した32歳の司令塔は「肉体的にも精神的にも非常にいい状態」と万全を強調した。

 イングランドは伝統の強力FWに加え、SOフォード、CTBファレルらバックス陣も好調。「みんなが言う通りハイレベルな選手たちだ。彼らに対抗し、試合をコントロールしたい」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月16日のニュース