渋野 こども病院を慰問 72人の子供たちのスマイルに「元気づけられました」

[ 2019年9月26日 05:30 ]

宮城県立こども病院を慰問し、サイン色紙をプレゼントする渋野(中央)と大江
Photo By スポニチ

 女子ゴルフのミヤギテレビ杯ダンロップ(27日開幕)に出場する渋野日向子(20=RSK山陽放送)ら6選手が25日、仙台市の宮城県立こども病院を慰問した。

 6選手は練習後に病院に向かい、記念撮影に納まるなど72人の子供たちと触れ合った。小学生からプレゼントされた折り紙には「ゴルフ頑張ってね、僕は治療頑張る」などのメッセージがあったそうで、渋野は「自分が(全英女子後)1カ月苦しんでいたのがしょうもないことだなと思ったし、凄く元気づけられました。自分も頑張らなきゃと思った」と感激。

 この日、第1ラウンドで畑岡奈紗、大江香織と回ることが決定。畑岡とは中学生の時以来の同組が実現し「ちょっとあるかなと思っていた。楽しみ」と笑顔で話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月26日のニュース