真央さん、紀平の4回転ジャンプ期待も「温かく見守りましょう」

[ 2019年9月26日 15:35 ]

住友生命「Vitality day 2019」に参加し、ボクササイズを行う浅田真央さん(右)と舞さん
Photo By スポニチ

フィギュアスケート女子の10年バンクーバー五輪銀メダリスト、浅田真央さん(29)が26日、都内で住友生命が主催するイベント「Vitality day2019」に参加した。

 現役スケーターたちの新シーズンは始まっており、初戦のオータム・クラシックを制した紀平梨花(17=関大KFSC)は次戦のジャパン・オープン(フリーのみ、10月5日、さいたまスーパーアリーナ)で4回転サルコーに挑戦する可能性が高い。

 15歳のアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)が4回転ルッツを跳ぶなど、女子にも4回転次代が到来しつつあるが、浅田さんは「紀平選手もだけど、4回転だけじゃない。トリプルアクセル、3―3回転、他のものも素晴らしい」とし、「4回転、4回転と期待してしまうとプレッシャーになってしまう」と話した。

 現役時代、代名詞のトリプルアクセルに注目が集まり、苦労したこともある浅田さんだけに、現役スケーターに向ける眼差しは優しい。「ちょっと期待はしているけど、そこばかり取り上げてしまうと…。温かく見守りましょう」と浅田さんらしいエールを送っていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月26日のニュース