危険タックルで処分 豪選手は3試合出場停止 サモア2選手は警告

[ 2019年9月26日 05:30 ]

ラグビーW杯2019 第6日 ( 2019年9月25日 )

会見で危険タックルに言及したブラウンコーチ(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 24日にロシアと対戦したサモアの2つの危険なタックルと暴力行為について、日本代表のトニー・ブラウン・アタックコーチが「レッドカード(退場)が出てもおかしくなかった。何か(追加処分を)聞いてませんか?」と判定に疑問を投げかけた。

 会見後、統括団体ワールドラグビー(WR)は21日のフィジー戦で危険なタックルをしたとして、オーストラリアのWTBホッジに3試合出場停止処分を科すと発表。サモアの2選手についても事情聴取し警告を出した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月26日のニュース