陸上男子十種・右代 世界陸上へ“ドタバタ出場”も「結果出す」 ドーハへ出発 

[ 2019年9月26日 05:30 ]

世界陸上に出場する陸上男子十種競技の右代
Photo By 共同

 世界選手権に出場する男子十種競技の右代啓祐(33=国士舘ク)が25日、ドーハに向けて出発した。羽田空港で取材に応じ「世間を騒がせることになったが、人生の中で一番の試合ができるように自信を持って挑みたい。これを機に注目してもらいたいし、結果も出したい」と力を込めた。4月のアジア選手権と6月の日本選手権で優勝。一度は代表決定と発表されたが、国際陸連からエントリーを承認されず、日本陸連が選考要項の不備を謝罪。その後、追加で出場が認められていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月26日のニュース