男子100の桐生「良い感じに軽くなってきた」、小池「自分の走りに集中したい」

[ 2019年9月26日 05:30 ]

世界陸上 27日開幕

会見で笑顔の(左から)小池、サニブラウン、桐生(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 前日本記録保持者の桐生は「体を動かしてみて、良い感じに軽くなってきた。決勝を目指して頑張りたい」と目標を口にした。前回大会は100メートルへの出場はできなかっただけに今大会に期する思いも強い。「準決勝は10秒00が突破ライン。そこで力を発揮したい」と意気込んだ。7月に9秒台をマークした小池は「大きい試合になると楽しくなるタイプ。自分の走りに集中したい」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月26日のニュース