豊昇龍が新十両昇進「凄く気持ちいい」 元横綱・朝青龍のおい

[ 2019年9月26日 05:30 ]

九州場所番付編成会議

叔父の元横綱・朝青龍のパネルを手に笑顔を見せる豊昇龍
Photo By スポニチ

 日本相撲協会は25日、大相撲九州場所(11月10日初日、福岡国際センター)の番付編成会議を開き、モンゴル出身で元横綱・朝青龍のおいの豊昇龍(20=立浪部屋)と琴手計改め琴勝峰(20=佐渡ケ嶽部屋)の新十両昇進を決めた。若元春(25=荒汐部屋)、天空海(28=立浪部屋)、明瀬山(34=木瀬部屋)が再十両となった。

 豊昇龍は朝青龍より1場所遅い所要11場所で新十両昇進。茨城県つくばみらい市の立浪部屋で「うれしいし、凄く気持ちいい」と目を細めた。名古屋場所で勝ち越せば叔父と同じスピード出世だったが、3勝してから連敗で初の負け越し。「負け越して勉強になった。自分の相撲が取れるようになった」と秋場所は左足親指を負傷しながら勝ち越した。

 10月にはモンゴルに里帰りする。朝青龍と同じ横綱を目指す20歳は「叔父さんに着物をつくってもらいたい」とお祝いを期待していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月26日のニュース