井筒親方と最後のお別れ 妻・福薗杏里さん「主人らしく、燃焼した人生」 弟の錣山親方ら葬儀・告別式参列

[ 2019年9月26日 05:30 ]

葬儀・告別式を終え、出棺される井筒親方の棺
Photo By 共同

 元関脇・逆鉾で16日に58歳で死去した井筒親方(本名・福薗好昭)の葬儀・告別式が25日、東京都墨田区の井筒部屋で時津風一門葬として営まれた。

 出棺の際には横綱・鶴竜ら部屋の力士、弟の錣山親方(元関脇・寺尾)らが棺を担いだ。喪主を務めた妻・福薗杏里さんは「年齢を思うと悔やまれる思いがありますが、主人らしく、全力で駆け抜け、燃焼した人生だったと思います」とあいさつ。棺を乗せた車は両国国技館に立ち寄り、最後のお別れをした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月26日のニュース