×

渋野 体調崩してもスコア崩れず イーブン以下連続ラウンド「28」日本記録タイ

[ 2019年9月2日 05:30 ]

女子ゴルフツアー ニトリ・レディース最終日 ( 2019年9月1日    北海道・小樽CC=6650ヤード、パー72 )

ファンからの似顔絵に笑顔を見せる渋野(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 首位から2打差の4位から出た渋野日向子(20=RSK山陽放送)は3バーディー、2ボギーの71で回り、通算7アンダーで5位に終わった。大会前に体調を崩すなど本調子を欠きながら、国内ツアーでのイーブン以下の連続ラウンドは「28」に伸ばし、アン・ソンジュ(32=韓国)の最多記録に並んだ。69で回った鈴木愛(25=セールスフォース)が通算11アンダーで6月のニチレイ・レディース以来となる今季4勝目を挙げた。

 ツアー屈指の難コースで、過酷な4日間の大会を乗り越えた渋野が心底疲れ切った様子で振り返った。「本当に長い1週間だった」。最終18番。快晴の下で1メートルのパーパットを沈めても、トレードマークの笑顔はどことなく曇りがち。「優勝を狙える感じは一個もなかった」と漏らした。

 首位を2差で追った最終日。4番でボギーが先行するが、6番で1・5メートル、7番でも5メートルのバーディーパットを沈め、首位グループを追った。しかし、8番でほぼ真っすぐの2・5メートルを外し、勢いが止まった。青木コーチは「取れなかったのが大きかった」と振り返り、渋野も「8番で外してもう(優勝は)ないな」と観念したという。得意のバック9でもスコアは伸ばせず5位でフィニッシュ。「最後までピンは狙っていったが、ショットの調子が良くないのであれが精いっぱい」と振り返った。

 大会前に急性副鼻腔(びくう)炎の影響で38・5度の熱を出すなど不安を抱えて戦った。鼻水が止まらず、せきも出た。それでも「しぶといパットを決められたのが、アンダーにつながった」と修正能力の高さを発揮した。連続イーブン以下のラウンドはツアー最多の「28」まで伸ばし「そこは本当に良かった。誰もなしえていないとか、歴代1位とかを出すのは自分のなかには価値がある」と自身を評価した。

 1週間のオフを挟み、12日開幕の日本プロ選手権に臨む。畑岡奈紗や16年リオ五輪女王の朴仁妃(パクインビ)(韓国)ら世界ランク上位選手も参戦。舞台は昨年、プロテストを受験した、思い出のチェリーヒルズGC(兵庫)だ。「世界ランクにもつながるので大事になるし、戦いがいがある。奈紗ちゃんにも会うので楽しみ」。「ポンコツ」と呼んだショットは「選手権までには新車にしたい」とフルモデルチェンジを宣言しており、凱旋後2度目のオフは「重要な1週間」となりそうだ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年9月2日のニュース