×

遼、最終18番で痛恨2罰打「不注意」マーク元の位置に戻さず

[ 2019年9月2日 05:30 ]

男子ゴルフツアー RIZAP・KBCオーガスタ最終日 ( 2019年9月1日    福岡県糸島市 芥屋GC=7103ヤード、パー72 )

石川遼
Photo By スポニチ

 石川は最終ホールで痛恨のペナルティーを受けた。

 3つ伸ばして迎えた18番パー5。3打目をピンそば60センチに寄せ、同伴競技者のライン上にあったマークをずらした。だが、元の位置に戻さずにこれを沈めてしまった。誤所からのプレー(規則14・7a)として2罰打を科され、このホールはボギーに。「完全に不注意。一緒に回った選手に迷惑を掛けてしまい申し訳ないです」と反省の言葉を重ねた。

 通算15アンダーの13位で終え、連続優勝は2大会でストップ。好調を維持しているが「自分を正さないといけない」と厳しい表情を崩さなかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年9月2日のニュース