柔道男子100キロ超の原沢 雪辱燃える!リオ金リネールとのGP再戦熱望

[ 2019年7月4日 05:30 ]

27歳の誕生日に大会が行われるモントリオールへと出発した原沢久喜
Photo By スポニチ

 柔道男子100キロ超級の原沢久喜(百五銀行)がグランプリ(GP)モントリオール大会(5日開幕)出場のため成田空港から出発し、今大会で17年11月以来の復帰を果たす16年リオ五輪金メダリスト、テディ・リネール(フランス)との再戦を熱望した。

 リオでは決勝で対戦し、指導差1で敗戦。「今どれだけやれるか。どこで当たってもいい。楽しみだし勝ちたい」と意気込んだ。この日が27歳の誕生日で、自身へのプレゼントは「(大会に)勝ったらビジネスクラスにアップグレードしようかな」と検討。絶対王者を破り、快適な旅で凱旋する。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月4日のニュース