ジョセフHC 続投に前向き「W杯で成功すれば」

[ 2019年7月4日 05:30 ]

ラグビー日本代表宮崎合宿 第2クール打ち上げ ( 2019年7月3日 )

日本代表のジョセフヘッドコーチ(左上)は雨中でのスクラム練習を見守る(撮影・中出健太郎)
Photo By スポニチ

 ジョセフHCがW杯後の続投に前向きな姿勢を示した。日本ラグビー協会内で続投待望論が出ていることを問われ、「必要とされていることを知るのは、物凄くうれしい」とコメント。「自国開催のW杯という大きなタスクが目の前にある。そこ一点だけに集中している」と話す一方、「W杯でチームが成功すれば、必然的に物事は前へ進むと思っている」と話した。

 ジョセフHCについては、日本協会副会長に就任した清宮克幸・前ヤマハ発動機監督が「W杯の結果を見て次を決めるのでは遅い。続投でいいと思う」と要望していた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月4日のニュース