パラ・パワーリフティング女子 日本記録保持者の山本 代表へマイペース調整

[ 2019年7月4日 05:30 ]

 下肢に障がいのある選手が行うパラ・パワーリフティングの日本代表が、東京パラリンピック代表選考材料の一つとなる世界選手権(13日開幕、カザフスタン)に向けた強化合宿を都内で公開した。

 女子55キロ級の日本記録保持者で、今年の全日本選手権を制した山本恵理(36=日本パラリンピックサポートセンター)は「重量も順位も(目標は)決めていない。質を追って練習している」とマイペースを強調し「全部の試技を成功させたい」と意気込んだ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月4日のニュース