杉田 王者ナダルに屈す…善戦及ばずも「最高の1回戦」

[ 2019年7月4日 05:30 ]

テニス ウィンブルドン選手権第2日 ( 2019年7月2日    英ロンドン・オールイングランド・クラブ )

<ウィンブルドン第2日 杉田祐一・ナダル>ナダル(奥)に敗れた杉田祐一(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 世界ランク274位の杉田は全仏オープン王者ナダル(スペイン)にストレート負けした。

 第1セット第1ゲームでいきなりブレークに成功し、2ゲーム連取。最高の滑り出しだったが、地力の差に屈した。「できる限りコートに残っていたいという思いが最後まであった。最高の1回戦だった」と語った。ナダルは「芝でのプレーをよく知っている」と健闘を称えた。杉田は大会前に自身のツイッターで結婚を発表。番狂わせはできなかったが、「新しいテニスライフが始まる」と前を向いた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月4日のニュース